知ってる?キリンのどごし生|グルテンフリーでも飲めるビールの凄さ!

グルテンフリーで気になることといえば、ビールが飲めないこと。

ビールは感じで麦酒と書く通り、グルテンをたくさん含んだ飲み物です。

日本のビールは大麦麦芽100%のものが多く、特に二条大麦と言う品種が一般的にビール作りに使われています。

しかし、ここで諦めてはいけません。日本には、発泡酒や第3のビールと言うカテゴリーがあります。

特に「キリンのどごし生」

この第三のビールがとにかくすごいんです。

 

キリンのどごし生の凄さ

のどごし生は、主原料として大豆たんぱくを使用しています。

その他の原材料も、ホップ、糖類、酵母エキスとなっているため、完全にグルテンフリーなビールなんですね。

 

私もビール好きなので、初めてのどごし生のことを知った時には、

「ウォー!!」

と、とてもテンションが上がったものです。

ハイボールや焼酎ももちろん美味しいですが、やっぱり喉が渇いた時にはビールが飲みたいですよね。

 

のどごし生はダイエットにも効果的

のどごし生は、グルテンフリーなだけではなく、ダイエット中にも優しい第三のビールなんです。

他のビールと350ml缶のカロリーを比較してみると、その差は明らか。

 

キリンのどごし生
カロリー:151kcal
糖質:10.9g
プリン体:6mg

サッポロ麦とホップ
カロリー:154kcal
糖質:11.55g
プリン体:35mg

サントリー ザ・プレミアム・モルツ
カロリー:164kcal
糖質:13.3g
プリン体:33mg

 

カロリーにあまり違いがはありませんが、プリン体の量が圧倒的に違います。糖質も、他のビールと比較すると少なめです。

 

痛風が気になる方にはもってこいの飲み物ですね。

私は、この事実を知ってからというもの、ビールはのどごし生に決めています。

 

グルテンフリー生活は、人生の食生活を見直すのにとてもいい機会でした。(今も続けてますけど)

一時的な食事制限をするのではなく、自分の体にとって必要かどうかを考えながら、食べ物や飲み物を選ぶようにすることが大切です。

この記事をシェアする