【おすすめ】国内ランキングNo1のハウスブレンド・グラノーラを試してみた

日本よりもグルテンフリーが普及しているアメリカ。

今、そのアメリカで流行っているのがベイクドNYCから誕生した大人気のグラノーラ、その名も「ハウスブレンド・グラノーラ」。

ベイクドNYCはニューヨーク・ブルックリン発の人気のベーカリーカフェ。

“fun, delicious, modern, and beautiful.”(楽しく、美味しく、モダンで、美しい)という店のコンセプトの通り、見た目にも美しいブラウニーやチーズケーキ、マフィンなどがショーケースに並びます。

その中でもこのグラノーラは大人気メニューで、ニューヨーカーの朝食の定番になりつつあるのだとか。

味は一級品


上の写真がそのハウスブレンド・グラノーラ。

このグラノーラには、ベースとなるオーツ麦の他に、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ドライチェリー、レーズンが含まれています。

ハチミツとブランシュガーで甘みが付いているため、そのまま食べてもとても美味しい。グラニュー糖不使用なので、糖質カロリーが気になる人も安心して食べられます。

牛乳を加えると、ハチミツと牛乳の自然な甘みが広がります。ほどよく柔らかくなった押しオーツ麦のまた違った食感も楽しいです。

ヨーグルトや豆乳と合わせても美味しそうですよね。

 

さすが、日経プラス1で調査したグラノーラランキングで1位を獲得しただけはあります。

正直にいうと、食べる前までは市販のグラノーラと大して違いはないんじゃないかと思っていました。

でも食べてみると、ドライフルーツやナッツの一つ一つに、いい素材を使っていることがすぐにわかります。シンプルな食品だからこそ、素材の質が重要なんですよね。

栄養価も豊富

ハウスブレンド・グラノーラは、栄養面でも優れものです。

メインのオーツ麦には、食物繊維はもちろん、鉄分やカルシウムも豊富。アーモンドにはビタミンEやB2、ドライチェリーには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。

いずれも、アンチエイジング効果ダイエット効果のある栄養素としてお馴染みのものです。

朝食がパン1枚やおにぎり1個だという人は、グラノーラで栄養バランスを整えることが大切。朝は一日の始めです。必要なエネルギーと栄養をしっかりと取ルことで、仕事の質も上がるでしょう。

休日ようにはアリかも

文句の付けようがないハウスブレンド・グラノーラ。

その唯一のネックがお値段です。340g入りで1,600円は、市販品の3倍以上。定期便だと1,360円まで安くなりますが、それでも高め。

毎日の朝食にするには、少し高いかもしれません。

 

ただ、週末の朝食専用やゆっくりできる朝専用であれば、そこまで気にする金額ではないでしょう。

そもそも、毎日毎日グラノーラでは飽きてしまいます。

美味しいグラノーラとサラダ、淹れたてのコーヒーが並んだ食卓は、爽やかな休日の朝にはピッタリのメニューですよね。

そのあとに、のんびり読書をしたりと。考えただけでもワクワクしてきます。

朝食を見直そうとしている人には、ピッタリの一品ですよ。

丸ごとナッツとフルーツの具だくさんグラノーラ

この記事をシェアする