リトルバード|代々木八幡の外国人観光客に人気のグルテンフリーカフェ

今回は、グルテンフリーカフェを探している方へおすすめのお店をご紹介します。

お店は、都内に住む30代女性の方にご紹介いただきました。読んでいるうちにこのお店に行きたくなるほど、魅力的なお店だと思います。

グルテンフリーカフェ リトルバード

私の夫はフランス人です。フランスに住む彼の叔父が東京見物にやってくるということになり、都内にあるグルテンフリーのレストランを探すことになりました。

夫の叔父は広い自宅に菜園を持ち、ビオ・グルテンフリーの生活を実施している人で小麦製品を口にすると体調も機嫌も悪くなるので彼のためにがんばってリサーチしました。

 

私が見つけたのは小田急線の代々木八幡駅から代々木公園の反対のほうへ進んだところにあるグルテンフリーカフェ リトルバードです。

私は代々木八幡駅の周辺で長く働いていたのですがその存在にぜんぜん気付いていなかったほどの隠れ家的なカフェでした。住宅街の中にさりげなくあるので地図でしっかりと調べてから行くことをおすすめします。

 

店内は明るくナチュラルな雰囲気でこじんまりとしているので自分の部屋に戻ったような気持ちでリラックスできます。

 

メニューはすべてグルテンフリーで小麦アレルギーのある人でもパスタから餃子まで憧れのメニューを満喫することができます。分りやすいとは言えない場所にあるのに外国人利用客が多いのも特徴です。

メニューは英語でも表記してあるので外国人の友達を連れてくると喜ばれそうです。

特に人気なのはシューバーガーで、夫の叔父は2週間の東京滞在中に4回も食べていました。

 

リトルバードでは小麦粉を全く使用していないのですが、仕方なく食べる料理ではなく、むしろ楽しんで食べることができるほどの味とクオリティが魅力です。

辛いグルテンフリー生活ではなく目でも舌でも満足できるポジティブなグルテンフリーを目指す人に最適です。スタッフの方の接客も程よく丁寧で、都内でほっと一息つける貴重な場所だと感じました。

 

私が感激したのは一番人気のシューバーガーです。

ハンバーガーのバンズの変わりにシュー生地を使っているという斬新なメニューで、ふっくらふかふかのシュー生地にいろいろな可能性を感じました。

ジューシーなお肉にシャキシャキのレタス、風味豊かなチーズのハーモニーが絶妙で、グルテンフリー生活の実践者でなくてもまた食べたくなる味でした。

 

添えられたポテトも熱々のほかほかでボリュームもあったので大食いの私でもしっかり満足できました。

また、グルテンフリーの餃子があることも嬉しかったです。小麦粉を使わずにこんなにカリカリの羽が作れるとは驚きました。初日本の叔父にも是非食べさせたいと思っていたのですが、無事実現できてよかったです。

この記事をシェアする